スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美濃柴犬との再会

私は子供の頃からずっと、犬と暮らして来ました。

秋田犬、秋田犬、紀州犬と日本犬ばかりですが、私は日本犬が大好きです。

でも、3年前、家族の一員だった紀州犬が亡くなって以来、悲しみのあまり、私は犬を飼うのをやめました。

知人・友人に子犬が産まれたと話を持ちかけられても、亡くなった犬との思い出が強く、

どうしても受け入れる事が出来なかったのです。

いい歳した大人が犬の事を思い出しては泣いているのですから、重症です…。
 

しかし、そこまで犬を飼う事を拒んできたのに、私はまた犬を飼う事にしました。

それは運命的なものを感じたからです。

  

 

6月のある日、私は釣り大会に参加するため、前日から岐阜県飛騨地方に現地入りしました。

前日は同行しているカノジョのために、観光スポットをまわる事に。

カノジョにおいしいチーズと牛乳を飲ませてあげようと、岐阜・長野県境となる野麦峠に向かいました。

野麦峠は映画や小説で有名な峠です。最近はテレビなどで見かけなくなりましたが…。

 

その野麦峠の山道を走行中、路肩に山菜採りらしき車が駐車していました。

私はその車を抜き去る瞬間、車の陰に見事な赤茶色の犬を見たのです。

すぐに車を止め、バックしました。

「こんなとこで出会えるとは…。」

 

20年ぐらい前、岐阜県の板取川へ釣りに出かけた時、その犬を一度だけ見た事があり、

「美濃の赤犬」「美濃柴」という名前は記憶に留めていたのです。


 

「このコ、美濃の赤犬じゃないですか!珍しいですね。」

「アンタ、この犬知っとるんか!あちこち連れ回ってるが、言い当てたのはアンタだけだ!」
 


飼い主さんは、元気なおじいさん。愛犬の事を見分けた私に驚いていました。

すぐに意気投合してしまい、犬を囲んであれやこれやと話が盛り上がる。

カノジョは初めて見る美濃柴に、しっかり遊んでもらっている(笑)。

初対面の私たちにコーヒーやおにぎりまでいただき、本当に気さくな方でした。

 

久し振りに見た美濃柴は、とてもきれいでした。

普通の柴犬と見た目は異なり、全身赤茶色の精悍な顔つきの犬で、独特の雰囲気があります。

まったく吠えないので不思議でしたが、滅多に吠えないそうです。

室内で紀州犬を飼っていた私には、魅力的です(笑)。
 

「アンタみたいな犬好きなら、子犬を世話してあげたいなぁ。」

 

その言葉に私はグラッときました。

あれだけ、犬は飼わないと断り続けていた私が、もう美濃柴を飼いたいと思っているのです。

しかし、15年ぐらいは生きる犬の命を預かるのですから、安易な気持ちは禁物です。

 

おじいさんの話では、美濃柴を飼うには保存会の会員になる事が条件だそうで、店頭での販売はして

いないとの事。

そういえば、初めて見た美濃柴の飼い主さんも、知り合いから譲り受けたと言ってました。

希少な犬だから、知り合いでもいないと飼えない…そんな話も聞いてました。

 

私はチャンスに恵まれたのです。ここで、おじいさんの連絡先を聞けばいいのです。

 

でも、私はおじいさんの連絡先を聞きませんでした。まだ、決心できないのです。

 

結局、小1時間ほど話したとこで、お開き。

素敵な出会いでした。

すがすがしい気持ちで峠を後にしました。

 

この出会いが、運命のはじまりだったのです。





スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コメント

Secret

プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。